トップ

住まいとシックハウス

シックハウス症候群とは何か

住まいが原因で発生するシックハウス

厚生労働省ではシックハウス症候群を「居住に由来する様々な健康障害の総称」と定義しています。その症状は喉や鼻のイガイガ、涙がでる、頭痛。他にはじんましん、湿疹、耳鳴り、めまい、吐き気など、多岐にわたります。

しかし同じ家に居住していても全く症状が出ない人もあります。このため、体調不良があってもシックハウスがその原因となかなか気づかない場合も多々あります。その家から離れると症状がおさまり、家に帰ると具合が悪くなる、という特徴からシックハウス症候群と気づくことが多いようです。

高温多湿な気候の日本では通気性の高い昔ながらの木造家屋が主流でしたが、現代では新素材の開発や新しい工法などによって大変気密性が高くなっています。シックハウス症候群の主なる原因は、建材や家具などから放出されている有害物質です。他にはビニール素材の壁紙や、壁紙を貼る際の揮発性の接着剤などもシックハウス症候群の原因になります。代表的な有害物質はホルムアルデヒド、トルエンやベンゼン、キシレンなどです。

これらの化学物質は揮発性の性質を持っており、そこにあるだけで常に揮発し続けるのですが、上述のように現代の家屋は気密性が格段に高くなったので、これらの化学物質は家の中にこもりやすくなってしまったのです。

また、高温多湿な風土に気密性の高い家屋は不向きなので、他にも弊害がでることがあります。例えばカビがはえやすくなりますし、気密性の高い部屋に畳が敷いてあるとダニの温床になります。カビやダニはアレルギーの原因になりますから、これらが原因のアレルギー症状もシックハウス症候群と言えます。

家を建てるなら健康に過ごせる家にしたいものですが、設計や素材にこだわった注文住宅ならシックハウス症候群を防ぐことができます。注文住宅を検討中でしたらこちらを読んでみてください。